子育て田舎の戸建て暮らし

5人家族子育て世帯ど真ん中の戸建て事情

3階の家は住みづらい?狭い住宅の3階納戸とベランダ事情

スポンサーリンク

田舎の戸建てで子育て中のがっちゃんです。

 

わが家は田舎の割には土地が小さく、1階単位での床面積も小さいです。

そこで不足する収納量をカバーするために3階に納戸を設置しています。

 

収納量で見ると「あったほうが便利」ですが、3階の納戸になるとかなり用途が限られます。

 

 

3階の納戸のメリット

3階には納戸とベランダがあります。3階を建てたのは収納量が第一ですが、比較的高い場所にある我が家にとっては、景色の良さも理由の1つでした。

f:id:gu-gu-life:20210603083639j:plain

ベランダには水道を1つ付けています

他には…

  • 3階部分は窓や高さの面で建築基準法の居室としてカウントされず、収納量は大きいが固定資産税は節約できる
  • 大きなものがたくさん収納できる
  • 空調を整えれば仮の客間としても使える
  • 3階からの見晴らしがとっても良い
  • 3階のベランダは人目につかずBBQや夏のプールとしても使いやすい
  • 3階のベランダの日陰が避暑地
  • 子供にとっては「隠し部屋」のような場所
  • 周りに高い場所がなく太陽光が設置しやすかった

 

良かったなと思う点は、中からも外からも人目にくく、遮断されたような空間であることです。

周囲の環境にもよりますが、周りが2階だけの住宅地にあるので、3階のベランダがすごく静か…

そして納戸はめちゃくちゃ暑いですが、なぜかベランダの日陰はすごく涼しいです。

臭いや音で周りにも迷惑をかけにくいので、バーベキューは3階のベランダですることが多いです。

 

3階納戸のデメリット

老後になると2階すら上り降りがきついのに、3階となると…不安が大きいです。

すでに、面倒で極力行きたくない場所の1つです。

f:id:gu-gu-life:20210603083747j:plain

 

他には…

  • 夏は非常に暑くなるため収納できるものは限られる
  • 3階まで重たい荷物を上げ下げできない
  • 老後のメンテナンスが不安(すでに面倒)
  • リフォームで撤去するには高額になる

 

\玄関クロークがあるお宅は、収納だけ考えれば、3階納戸は無くてもいいのでは?と思っています/

gu-gu-life-housing.hateblo.jp

 

3階納戸の使い方

気候が良い時期は机を置いて勉強部屋としても使っています。

収納できるものは限られますが「使用頻度は低いが保管したいもの」「季節限定のもの」「温度が上がっても劣化しにくいもの」を保管しています。

f:id:gu-gu-life:20210603083804j:plain

収納は主に安価で揃えやすいカラーボックスを使っています

例えば…

  •  卒業アルバム、資格等の書類管理
  • 災害備蓄(保存食、水、紙皿等)
  • アウトドアグッズ(寝袋、クーラーバッグ等)
  • スポーツ用品(スキーウェアやブーツ、ゴルフバッグなど大きなもの)
  • 夏の水着やマリンシューズ
  • 使わなくなった家電&家具や季節外の家電
  • DIYの材料

わが家は寝室付近に布団を収納していませんが…暑くなることを生かして、布団の収納に使えばダニ退治になりそうなほど暑いです。 

 

3階納戸&ベランダは良し悪し 

良くも悪くも付き合い方や、その家に何年住むか?にも大きく変わってくるのが、3階の納戸やベランダ事情だと思っています。

f:id:gu-gu-life:20210603083624j:plain

居室もあるのであれば、3階に収納を設けるのは自然かなと思います。

 

ただ、わが家の1階はリビングと水回りだけなので、2階のクローゼットだけではどうしても収納量が少ない…。

3階の納戸であれば雨風は凌げるので、助かっているのも正直なところです!